Aya studied oil painting at the Joshibi University of Art and Design in Japan for 4 years. After graduating she moved to London for a year to continue her studies. Her time spent in London had a profound effect on her personally and professionally, offering both a culturally rich experience and stimulating new creative work. Three 3 years later she returned again to London and enrolled at the prestigious Central Saint Martin’s College of Art and Design where she studied Graphic Design.

 

After graduating from Saint Martins she was commissioned by The Times Newspaper to produce a series of illustrations for UK restaurants. The work involved humorous depictions of popular world cuisines,  topical references to the Chancellors’ Red Briefcase, and depictions of everyday life. Aya’s visual wit and artistry created a strong stylistic theme that brought this collection of illustrations together .

 

Since then, Aya has produced illustrations for use in the NHS/health and education sector, including conference posters and training materials.  

 

Aya has been providing illustrations for a Japanese e-magazine "Absolute London"  http://www.absolute-london.co.uk since 2015. It is accompanied with her own essays on life in London from the Japanese perspective, based on her insight of living in London for more than 20 years and experiences at London Zoo where Aya worked as a volunteer for 6 years.

 

Aya has an eclectic and wide ranging style, that uses a mix of media and crafts to create a variety of different motifs, pictures and illustrations.  Her most recent works of animals and flowers have featured cutting linoleum or rubber boards and are proving to be very popular. Aya’s work often subconsciously reflects events in her ownlife and her emotional reactions to these, her figurative work often entails enigmatic expressions and disturbing or distanced expressions, that can provoke strong reactions within the observer.

 

Her first exhibition was in Chalice Gallery July 2017.  It was an intriguing selection of work from the last ten years, as well as some new illustrations for this show, displaying her techniques in drawing, water colour painting, print making and digital work.

More recently her work has been displayed and sold via an exhibition at Mario's Café, Kentish Town (April and May 2018). Her art brightened up the cafe's atmosphere and proved very popular among customers.

女子美術大学の洋画専攻で油絵を4年間学んだ後、一年間美術の研究をかねてロンドンに滞在する。ロンドンでの生活は、自分個人と芸術との向き合い方に大きな影響を与え、文化的にも豊かな経験を味わう機会が多く、新しいイラストを生み出させる刺激となった。三年後に再たびロンドンへ戻り、名門のセントラル・セント・マーチンズ・カレッジに入学し、グラフィックデザインを学んだ。

 

セント・マーチンズを卒業後、タイムスニュースペーパーに依頼を受け、イギリスに店を構える世界各国のレストランのイラストを描いた。ユーモアに富んだ世界中の料理の描写、一等書記官の持つ調査書の入った赤いブリーフケースの時事的なイラスト、そして日々の生活の描写などを対象に数々のイラストを生み出した。彼女の視覚的なユーモアそして鋭い芸術的センスは、強くスタイリスティックなテーマを作り上げ、今ここに見られるイラストレーションの集大成をもたらした。最近ではイギリスのNHSヘルスと教育部門に使われるイラストレーションを作成し、コンフェレンスのポスター、及びトレーニングに使う教材のデザインも行った。

 

ロンドン発の情報コミュニティeマガジン『あぶそる~とロンドン』http://www.absolute-london.co.uk  の連載では、20年以上になるロンドン暮らしに日々思うこと、6年間勤めたロンドン動物園でのボランティアで目にするエピソードなどをイラストとエッセイで綴っている。

 

彼女の作品は、コンピューターを使ったものを始め幅広いスタイルを持ち、色々なメディアとクラフトを用いて多種多様なモチーフと、画像、そしてイラストレーションを作り上げる。彼女の最も最近のワークである動物と草花の作品は、リノリウムとゴム板を彫り上げた版を使うのが特徴であるが、これは非常に人気がある作品のようだ。彼女の作り上げる世界には、潜在意識的に彼女の人生に起こる出来事と、それに対する彼女の情緒的な反応が映し出される。また彼女の比喩的な表現はしばしば謎めいた、もしくは不安でよそよそしさ感じる表情を伴うことが多く、鑑賞者を強く刺激することも多い。

 

2017年7月7日から彼女の初の個展が Chalice Gallery にて開かれたが、過去10年の作品からの興味深いセレクションと、この個展のために制作された新しい作品が公開された。彼女のドローイングのテクニック、水彩画、版画そしてデジタルワークと多様な作品が好評だった。
12月には同ギャラリーでクリスマスエキシビジョにクリスマスをイメージしたロビンと天使が出品され好評を博した。

2018年5月、Mario's Cafeで個展を開催。カフェの雰囲気を心地よく明るくすると大きな好評を博す。